平成30年 5月12日 看護の日
特別講演会『看護の原点と心
ゲスト講師:坂本 すが氏(看護師/助産師/保健師/経済学博士/東京医療保健大学副学長/公益社団法人笹川記念保健/協力財団 会長アドバイザー)

看護とは「生きる力をひきだすこと」そのための、見えている看護と見えていない看護。ご自身の看護との出会いや、変革期のリーダーの姿、共に創り上げていくチーム作り...看護師ラダー制度や特定行為研修制度に込めた「看護師」へのおもい。
天使の会だけでは正直もったいない、多くのナースの皆さんに届いて欲しいお話でした。

経済・医学の発展により人口動態が変化し、さらなる科学技術の発展により、誰も経験したことがない世界を生きる私たち。
人が生きるために看護は必要。でも、看護だけでは人は生きられない。坂本様の言葉一つ一つが、看護師というアイデンティティを持つ私たちを認め、勇気付け、何をすべきなのかそれぞれの背中を押す...そんなとても力強くもあたたかな時間となりました。

© 2020  看護師 天使の会

  • Facebook Social Icon